忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2d4018a3.jpeg 戦場のヴァルキュリア
 
 ★★★★★★★★☆☆ 8/10
 発売元:セガ
 発売日:2008/04/24
 価格:¥7.980
 ジャンル:アクティブ・シミュレーションRPG



戦略SLGって苦手なジャンルなんですが、これはホントにおもしろかった。

一番の特徴は、多くのSLGではコマンドで行う移動・戦闘・待機が本作では3Dアクションで展開されるとこ。

349ec89b.jpg

マップ上でユニットを選択すると3D画面へと切り替わり、自らの手でユニットを動かす。

敵に視認されれば銃撃を受けるし、逆に見つからないように隠密して不意をつくことも可能。
実際に自分で動かすことで、戦場での臨場感を味わえるありそうでなかった(かは知らないけど)画期的なシステムだと思う


667b82bc.jpg

攻撃時はTPSちっくに。
ただそれほどシビアなものでもなく、照準を出してる間は時間が止まってるので、落ち着いて狙えます。
リアリティが無いと言われればそうなんでしょうが、照準出してる間にもリアルタイムで戦闘が進んでると、難易度が跳ね上がりそうなのでコレはコレで良い!むしろもっとヌルくてもいい


■上記以外の良いところ
・淡いイラスト調のグラフィックが綺麗。戦争を題材にしてるのにも関わらず血なまぐさい感じはあまりなく、全体的に柔らかく優しい印象。
・LVアップがキャラ毎ではなく兵科単位なところ。例えば「偵察兵」に経験値を割り振りLVアップすれば、偵察兵に準ずるキャラ全員のLVが上がる。サブキャラを含めると膨大なキャラ数なので、煩わしいLV上げ作業が無いのは面倒くさがりな僕にはうれしい。
・キャラの個性はポテンシャルで表現。ポテンシャルとはそのキャラ自身が持つ潜在能力みたいなもの。「不可視射撃」「迎撃耐性」といった実用的なものから、「田舎育ち」「おしゃべり」「男好き」(アッー!)なアレなものまで様々。時々笑えますw
・SLG初心者への配慮・・・かどうかは知らないけど、「オーダー」(防御力アップや攻撃力アップの効果のある魔法みたいなもの)の使い勝手が良い。むしろ良すぎ

7db8dfa5.jpg

■ちょっと気になったところ
・ストーリーが王道なのはいいんですが、ちょっと青臭い感じがする・・・。
・戦争を描いてる割にはリアリティがない・・・のはまぁあくまでファンタジーだと割り切ればいいか。
・出撃前に敵の兵科や位置を教えてくれないのは不便。結局作戦指示内容から推測するか、一度出撃して偵察兵を走らせてある程度敵の兵力を確認したあと、またブリーフィングからやり直すという二度手間が・・・。
・マスコット的キャラの豚がかわいくない・・・・なにあの鳴き声。ドン引き。でもちょっと美味そう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Profile

NAME : Tessyo



Get your Portable ID!

FF11 & FF14での冒険記を綴ってい・・・・た時期もありました(๑¯ω¯๑)現在は休止中。日々の雑記やプレイしたゲームの感想なぞをほそぼそと書いてます。



※注意事項


・悪質な宣伝、アダルト、悪意、その他公共の良俗に反すると管理人が判断したものに関しては削除又はアクセス制限をすることがあります。


・記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。


・リンク自由です。相互リンクも大歓迎!


ドードー先輩
ブログ内検索
Links
最新CM
[12/13 うめじゃむ]
[12/12 ロロロ]
[11/25 梅の人]
[11/12 テッショウ@管理人]
[11/06 ロロロ]
Blog People

[FF14 全般]


[FF14 Figaro鯖]


[FF11 Sylph鯖]

Copyright © 2008 MUSCLE ACTION BLOG(MAB) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS